2015年02月01日

小児看護 2月号 にコラムを載せていただきました

小児看護 2月号
へるす出版さんの「小児看護 2月号」に「子どもとトイレとうんこ」というコラムを載せていただきました。
本号のテーマは「子どもの栄養をアセスメントする」です。排泄のことは「つつましく」し過ぎず、オープンに語り合えるような雰囲気が大切だと思います。
タグ:便育
posted by あれこれ at 00:00| 日記

2015年01月18日

遊具とアートの融合

ニース駅の近くの公園で素敵な遊具を見つけました。

IMG_5241[1].JPG

フランス語が解らないので、
せっかくの看板になんて書いてあるのかが
わからなくて残念・・・(*^^)v

大きな魚を模した物、
巨大タコ
ウミガメ
いるか
くじらのしっぽ
などなど

無垢の木を使った重厚感のある遊具です。
動物たちの懐に抱かれるように
子どもたちはしがみついたり、
よじ登ったり・・・・。

芸術作品としても一見の価値があります。

大きな魚?の遊具
魚の頭
タコのブランコ
タコのブランコ
posted by あれこれ at 15:27| Comment(0) | 日記

2015年01月12日

フレネ学校

IMG_5354[1].JPG

これは子どもが活版印刷の文字組を行っているところです。

セレスタン・フレネが始めたフレネ教育を行っている学校の見学に行ってきました。
今回は南フランスのヴァンスという街の山の上にある学校でした。

尾根の上にに学校があって、尾根から沢までが子どもの遊び場になっていました。
沢までの斜面は結構な急勾配ですが、夏はランチを持って沢まで降りて遊ぶそうです。

フレネ学校では「テキスト」という作文を中心としたプログラムがベースになっています。
子どもたちが感じていること、イメージすることを文章にして、それに絵や粘土、歌やダンスという表現技法が組み合わされます。

クラスは3〜5歳児クラス、6〜8歳児クラス、9〜11歳児クラスの3つに分かれています。
写真は全て一番小さなクラスのものです。

IMG_5401[1].JPG
小さなクラスのまだ字が書けない子どもは、
しゃべったことを大人に文字にしてもらいます。
それを上からなぞって文字の勉強をしてゆきます。

IMG_5363[1].JPG

IMG_5353[1].JPG

自分自身で書いた文字や活版印刷の文字と絵を組み合わせて
ドキュメントをつくってゆきます。
そしてこれらをまとめて本にして販売するのです。

売上金は子ども達で組織された協同組合が管理します。

子ども達は一日に何度もミーティングを行います。
近頃気になったことをお話したり、作った作文を披露したり、
表現する子どもの表情はとても誇らしげです。

IMG_5444[1].JPG


フランスに行く前に
にわか勉強で見聞きしていたフレネ教育と
今回の見学地でのフレネ教育は
かなりイメージが違っておりましたが、
どうやら本場フランスでも、
フレネ教育にはいくつかの流れがあるようです。

もう一つぐらい別のフレネ学校を見てみたかったな・・・・
と思いました。
posted by あれこれ at 14:42| Comment(0) | 日記